ママさん共感!子育てあるある

子育てにはあるあるもある

子育てをしていると多くのママさんが経験するあるあるもあります。
こうしたあるあるを見ると他の方も子育てを頑張っているんだという共感の気持ちも湧きやすくなりますし、さらに子育てを頑張ろうという気持ちにもなります。
また、あるあるを読んで楽しむ事もできるので、家事や育児の忙しい時間の息抜きにもなります。

ここではそんな子育てのあるあるをご紹介します。
ぜひ参考にして、あなたの子育てにも役立ててみてくださいね。

様々な方の子育てあるあるをご紹介

あるあるのひとつめは、やっぱり我が子は可愛いという事です。
親バカと言われても構わないという方はとても多く、積極的に親バカになっている方も多いです。
子供が基本的に好きという方も多いですが、自分の子はさらにより一層好きという方も多くなっています。
ですが、その反面で、子供が普段は怪獣のような一面も見せてくれる事もあり、そうしたギャップもまた可愛いと考えている方が多くなっています。

また、小さいのに超生意気になる時があるという声も多く挙がっています。
中には2歳なのに生意気だなと感じる方もおり、子育ての大変さが感じられます。
時にはストレスが溜まってしまって、強く叱りたくなる方もいるようですが、そこで耐える方も多くなっています。

また、男の子のおむつを変える時に噴水状態になってしまったという声も挙がっています。
これも比較的よくあるケースです。
これを一度経験したママさんはもう二度とこうした事を経験しないように、スピーディなおむつ交換のテクニックを身につけるようになります。
まさに匠の技とも言える技術で、スムーズにおむつを交換して、トラブルを防いでいるという方は多くなっています。

また、カメラを買ったという方も多くなっています。
携帯でも写真は撮れますが、それとは別にカメラを持っておこうと考える方も多いようです。
やはり小さな頃の写真をきれいに残しておきたいと考える方は多いようで、カメラに夢中になる方も多くなっています。
中には某アニメのお父さんさながらにカメラにこだわり始める方もいるようです。

ただし、あまりにも写真を撮りすぎて、段々と撮るだけになってしまうという方もいます。
写真として残したいけれど、全て現像していたらきりがないくらい撮ってしまう方も多くいます。
印刷する気力がなくなってしまうほどの量に気が付き、やはり自分の親バカぶりに気が付く方も多くなっています。

色んなあるあるがある

このように子育てのあるあるには様々なものがあります。
他にもたくさんあるので、ネットなどでチェックしてみるのもお勧めです。
今後の子育ても大変な時もあるかもしれませんが、貴重な時間として楽しんでくださいね。