免許取得は教習所と合宿どちらが安い?

子どもができると日々の買い出しや遠出のときに車があると助かります。

旦那さんが運転してくれればいいのですが、常に運転手をお願いできるわけではないので、自分でも運転できた方がいいですよね。
既に免許を持っていればそれで済む話なのですが、持っていなければ取るところから始めなければいけません。運転免許をとるためには意外とお金がかかるので、どれだけ必要なのか、安く済ませる方法はあるのかも調べておくといいですね。

運転免許の取り方

運転免許の取得方法は大きく分けて2種類あります。

1つ目は、自動車教習所に通う方法。
2つ目は、自分で勉強して直接試験を受ける方法。

ただ、車の免許を始めて持つという人が自力で勉強するのは現実的ではないので、自動車教習所に通う方法が一般的です。

自動車教習所に通う場合も、好きなタイミングで通うタイプと一定期間で集中して取得を目指す合宿型があります。それぞれの免許取得までの流れと費用の違いも知っておくと、自分に合った方法でなるべく安く済ませらます。

教習所と合宿免許の免許の取り方

通常の教習所の場合
教習の予約を入れて教習所に行くという流れを繰り返します。
教習には学科と実技があり、さらに第一段階と第二段階があります。
第一段階の学科は10時限、技能は12時限と決まっています。
第二段階は16時限、19時限です。

合宿免許の教習所の場合
合宿免許も教習の時間は決められているので、普通の教習所と内容は同じです。
合宿しながら教習を受けるので、免許取得までにかかる期間は短くなります。
まとまった期間を免許取得のために空けられて、一気に取得してしまいたい場合にとても便利です。
学生が長期休暇などの間に利用することが多いようですが、社会人でも問題なく利用できます。

費用の違い

通学と合宿の場合では合宿の場合の方が費用は安く済むことが多いです。
合宿免許の方が費用を安くできる理由は大きく2つあります。
1つ目は教習所側がスケジュールを決めておけるので人件費等の無駄が減らせるということ。
2つ目は短期間で卒業させられるので回転率を上げられるということです。

合宿免許の方が費用を抑えることができ、特典もついてくる場合があるのでお得ですね。
ただ、学生の頃はスケジュールの都合も付けやすいですが、社会人になってからや子供が生まれた後だと合宿型は都合を合わせにくいこともありますので、自分に合った方法で免許を取得しましょう!